必要書類のリストを作成

必要書類のリストを作成しスムーズな会社設立を

株式会社設立をする際には、揃えなければならない必要書類が驚くほど多くあります。その都度必要書類を揃えていると、時間も手間も浪費してしまいます。会社設立時は、従業員の確保や商品の仕入れ、店舗や事務所の確保など設立手続き以外にもやるべきことは多くあります。そのため予め必要書類のリストを作成し、なるべく1度の手間で全ての書類を揃えることが重要です。

おおまかに3つの手続きにおいて、書類を揃える必要があります。それは定款の認証手続き、資本金の払込手続き、そして法務局への登記申請です。それぞれでどのような書類を揃えなければならないのか、確認していきます。会社設立では、定款を作成することから始まります。定款には商号や本店所在地、目的、資本金、発起人などを記載する必要がありますので、予め決めておきます。

作成した定款は公証人の認証を受けなければなりません。公証人の認証手続きでは、作成した定款が3部と発起人全員の印鑑証明書が各1通必要にな
ります。

作成した定款のことを原始定款と呼びます。この原始定款は最低でも3部は必要です。1部は認証手続きの際に公証役場の保管用となります。そして1部はその後の登記申請の際に使用します。そして1部は会社で保管しておく必要があります。そのため最低でも3部を作成する必要があるのです。定款の認証が完了すると、次は資本金の払込を金融機関にてしなければなりません。金融機関での払込では、発起人の個人口座が必要です。また、認証後の定款の写しが1部、発起人の印鑑証明書1通、発起人会議事録1通が必要となります。

この段階では、まだ法人の口座は開設できません。そのため、資本金の払込は発起人の個人口座に振り込みます。その後の登記申請において、口座の通帳の写しが必要となります。そのため、その他の入出金を他人に見せたくない場合には、新たに口座を開設すると良いでしょう。

発起人が複数人いる場合には、用意する印鑑証明書は発起人代表の1通を用意します。資本金の払込が完了すると、いよいよ法務局へ登記申請を行います。登記が完了すると、この世に新たに会社が誕生することになります。

会社設立の手続きの中で最も必要書類が多いのが、この登記申請です。用意しなければならない書類は、定款1部、払込に使用した口座通帳の写し1通、代表取締役の印鑑証明書1通、取締役会議事録1通、取締役選任決議書1通、取締役就任承諾書1通です。また、登記申請は商業登記法に従い申請書を作成しなければなりません。その申請書に必要書類を添付し、登記申請を行います。

この登記が完了すると、会社設立は無事に全て終わります。後は税務署などへ届け出をするだけとなります。

最近の投稿

Copyright© 2010 必要書類のリストを作成しスムーズな会社設立を All Rights Reserved.